<< 生活習慣病と認知症 | main | 開花の準備 >>

長期臥床の方で尿路カテーテルが紫色に変色する理由

紫色尿バッグ症候群

在宅訪問診療中の患者さんです。長期バルンカテーテル留置中の方で、バルンカテーテルからウロガード内まで、すべて紫色に変色した方がいました。  
 
_燭原因で紫色に変色するのか。  
 
対処方法は、どのようにすればよいのか。

文献的考察を投稿しました。

この現象を「紫色尿バッグ症候群」といいます。  

∞胱留置カテーテル使用中にカテチューブから尿バッグまで紫色になります。   
尿路カテーテルを挿入している患者が、慢性便秘症と尿路感染(保菌を含む)を合併したときに起きます。    

病態機序は、まず、糞便中のトリプトファンが、便秘で増殖した腸内細菌に分解されてインドールになり、さらに体内でインジカンとなって尿中に排泄されます。このインジカンが尿中の種々の細菌(Providencia stuartii, Klebsiella pneumoniae, E.coli, Morganella morganii, Enterobacter aerogenes, Proteus mirabiis など)で分解され、インジゴ(青色)とインジルビン(赤色)が生じます。 この二つは水に溶けないので、インジゴとインジルビンの生成比に応じて、バッグとカテは赤と青の混じった色、すなわち紫色に染まります。

対策としては、  

  1)留置カテの使用は最小限にする。やむなく留置したら、尿路感染予防を心がける。
 
  2)可能なら便秘を予防する。  

  3)「紫色尿バッグ症候群」が起こったら、尿路感染が起こっていないか確認し、治療の適応について検討する。  
   
  などがあげられるでしょう。  
    
在宅医療で今後も遭遇することが多いと思われます。


| 院長ブログ | 13:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM