<< 口腔内崩壊錠(OD錠)があやしい | main | 八幡浜在宅医療研究会講演会と在宅がん緩和ケア検討会を振り返って >>

16年ぶりの帰郷、レトロの街;門司港

友人のお見舞い

高校時代のくも膜下出血で倒れた友人のお見舞いに、11月2日、同期生といっしょに訪問させていただきました。

急性期はかなり重篤な状態が続いたそうですが、現在は、リハビリテーションの継続で、左麻痺はありますが、左下肢に装具をされ奥様の支えで歩行も可能でした。 コミュニケーションもしっかりされており、元の冗談を言う彼に戻られていました。

もっと早くお見舞いしたかったのですが、遅くなってしまいました。 また、この日の夕方、同期生:私を含めて9人で食事会を開いていただきました。

3日には、庄司小学校跡(現在美術研究所になっていました)、門司高校、老松公園、布刈公園など思い出の場所にタクシーでグルと回って、小倉で買い物をして帰路につきました。

皆さん、本当に歓迎していただきありがとうございました。



| 院長ブログ | 17:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM