<< 在宅での老衰死 | main | ポリファーマシー;高齢者の複数医療機関受診の問題点 >>

ケアの継続性

家庭医療における行動原則ー長くそこにいて、特定の個人、家族、地域を継続的にケアするー

5月1日、がん緩和ケア症例検討会を医師会館で開催、14回目の検討会です。N先生の症例でした。症例は84歳男性、肺癌の方です。

N先生のお父様の代から親子二代でかかりつけ医として50年診られている方でした。 N先生が末期癌で在宅で看取られました。在宅での診療は短期間でしたが、親子二代で関わられ、終末期(最近では終生期:EOL;end of life と言われることが多くなりましたが)を看取られています。

 
この症例で、重要なことは、「ケアの継続性」という事にあると思います。家庭医の条件として、
1,よくコミニュケーションがとれる、
2,受診のための環境が良い、
3,医師に対する心理的バリアが少ない、
4,自分の事をよく知っている、
5,責任をもって問題解決を行ってくれる、  


これらが継続的なケアの構造の重要な要素と言われています。
2025年問題に直面して、医師に限らず、継続的なケアの思想を持ち続けたいものです。
 
| 院長ブログ | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM