<< 認知症の予後はどうやって予測するか | main | オーラル・フレイルと認知症 >>

サルコペニアとフレイル

在宅で安定した療養生活を維持するために

1989年 Irwin Rosenberg は、年齢と関連する筋肉量の低下を、ギリシャ語の「筋肉(sarx)」と「喪失(penia)」をとって「サルコペニア」と名付けました。これ以後、サルコペニアは加齢に伴って生じる骨格筋量と骨格筋力の低下として理解されています。

発症メカニズムは明らかではありませんが、加齢、廃用、内分泌、神経変性疾患、栄養不良や吸収不良、悪液質などがタンパク質の合成や分解、神経と筋肉の統合性などのさまざまな機序に影響を与えることで、筋肉量や筋力の低下が生じると考えられています。

一次性サルコペニアは加齢性サルコペニアともいわれ、加齢以外に原因がないものを指します。
一方、寝たきりや不活発な生活習慣などの活動に関連するサルコペニア、重症の臓器不全や炎症性疾患・悪性腫瘍・内分泌疾患などの疾患に関連するサルコペニア、吸収不良や食欲不振・タンパク質の摂取量不足に起因した栄養に関係するサルコペニア二次性サルコペニアといいます。

フレイル(frailty)とは、高齢期に様々な生理的予備能力が低下することでストレス耐性が減少し健康障害が生じやすい状態をいいます。あえて日本語訳をすると「脆弱(ぜいじゃく)」となるのでしょうが、健康と身体機能障害の中間的な段階として提唱されています。それなりの適切な介入により再び健康な状態に戻る可能性を含む状態でもあります。
 崑僚展詐」◆嵌茲譴笋垢ぁ廰「身体活動量の低下」ぁ嵎盥埖度低下」ァ峩變歪祺次廖覆海譴蓮握力測定が簡便で、男性;25坩焚次⊇性20坩焚爾如峩變歪祺次廚犯縦蠅気譴泙后の5項目のうち3項目以上に該当するものがフレイルとみなされます(Friedら)。

5つの項目が互いに相関し負のサイクル「フレイルティサイクル」(出典;Fried LP.Walston J.Frailty and failure to thrive.In:Principles of Geriatric Medicine and Gerontology (Fourth Edition).McGraw Hill 1387-1402.1998.)をつくることでフレイルが悪化していくと考えられています。

在宅で安定した療養生活を維持管理するためには、フレイルティサイクルの中核であるサルコペニアの進行を防ぎ、可能な限りフレイルの増悪による身体機能障害への移行を予防する必要があります。
介護保険制度下で要介護、要支援状態で、適切な介護サービスの導入支援はフレイルの増悪を予防するために重要であることが理解されます。


 

| 院長ブログ | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM