<< 「患者中心の医療」から「コンコーダンス・モデル」へ | main | 抗認知症薬による薬物療法を始める前に >>

A型、B型インフルエンザの同時混合感染

遅ればせながらインフルエンザ・アウトブレイクも時間の問題か

本日、2月6日土曜日、午後5時30分診療終了間際に、9歳小学校児童が39.5℃の発熱と全身倦怠で飛び込み受診されました。
インフルエンザを疑い、迅速診断キット検査を実施。結果は、A型、B型インフルエンザの同時感染でした。
キット検査ですのでAまたはBどちらか一方の擬陽性の可能性は残りますが、同時感染はこれまでもいくつかの報告があります。
 
http://journal.kansensho.or.jp/Disp?pdf=0790110877.pdf
 
http://singlelife50.com/infuru/
 
八幡浜圏内でのインフルエンザ・アウトブレイクは時間の問題と思われます。
皆さん、ぜひお気を付けください。


 
| 院長ブログ | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM