<< 医師法第二十条と死亡診断に関する誤解 | main | 熱中症の症状と対策 >>

2018年7月西日本豪雨

2018年7月西日本豪雨で被災された皆様、お見舞い申し上げます。

 

2018年7月5日(木曜日)から降った豪雨はすさまじいものがありました。幸い、八幡浜市では一部の世帯が浸水したものの、大きな被害はありませんでした。

 

隣の大洲市は肱川(1級河川)が氾濫し、大洲市がほぼ全域にわたって洪水となりました。娘の勤務する大洲市にある喜多医師会病院が7月8日に新病院が立ち上がって内覧会が予定されていましたが中止となりました。新病院1階が、水につかりかろうじてMRIやCTなどの危機は無事でしたが、床の配線が壊れ診療開始が不可能な状態に陥っております。

 

多くの方にお見舞いメールをいただきましたが、幸い当クリニックが無事であってまずはホッとしています。患者さんの中には被害にあわれた方もあり、しばらくは間接的に診療に影響が出るものと思われます。このたびはご心配をおかけしました。

 

大洲市や広島、宇和島での被害のニュースを聞くたびに心が痛みます。これから本格的な猛暑になります。被災された方々のご自愛をお祈りいたします。

 

 

| 院長ブログ | 12:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
url: http://blog.asahimachi-gp-clinic.com/trackback/168

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM